医療接遇マナー研修 参加者の声

  • 人を相手とする職業を選んだ我々医療者にとって、本当にピンポイントで指導・お叱り・激励の言葉を頂き、ありがたい気持ちでいっぱいです。
  • 胸につかえて言い出せなかった想いを、全部代弁していただき、スッキリしました。
  • 形ではなく、マインドが基本にある内容で、とてもよかったです。
  • 職員・患者とのコミュニケーションの取り方が非常に勉強になりました。すぐに実践できる内容だったので、とても良かったです。
  • 具体的な医療機関での例をお話しされて、分かりやすく思いました。
  • 接遇を取り入れつつ、チームワークの向上と能力の公表、仕事効率を上げることによって、心にゆとりを持てる医療環境づくりをしていきます。
  • 接遇がスキル=技術であるという認識は今までになく、相手に接するには練習が必要であるということを実感した。普段何気なく行っていることが接遇と関連しており、各々の行動の純度を高めていくことが大切であると感じた。一連の接遇は、相手への安心・信頼の獲得に不可欠であり、病院では特に意識して行うことが重要であると感じた。
  • 一般的な接遇のポイントだけでなく、医療人として対患者さんとなった時に相手に寄り添う気持ち・相手を理解して応対する大切さを改めて感じました。
  • 病院の診察は、医師・看護師・技師などの医療者も時間に追われているため、接遇がおろそかになりがちだが、今回の研修を思い返して、まずは「挨拶」をしっかり行い、相手の話をよく傾聴し、相手の気持ちを考えて行動することを心がけて診察していきたい。
  • 全員参加で講義に加わる方法が素晴らしかった。集団統一しやすい気持ちになれた。
  • 患者様への声掛けに対して思いやりの心を一番に考えて接して行こうと思いました。何気なく挨拶していたが、今後は笑顔を忘れず元気な態度で挨拶をしていこうと思います。
  • とても分かり易くて、最後まで真剣に聞きました。本当に患者目線にまで下り、そして私たちの不足している部分を教えていただきました。
  • 患者の家族になった立場で考えてみましょう。私も一人暮らしの年老いた母が居ります。ものすごい近い言葉でした。
  • 患者様あっての病院、ということを忘れず、患者様やご家族に対し失礼の無いように接していきたいと思いました。

薬局・薬歴・コミュニケーション研修 参加者の声

  • 私たちは毎日患者さんと対応していますが、患者さん一人ひとりは初めて会う患者さんだということを忘れないよう思いやりの気持ちを持って対応を心掛けていきたいです。
  • 心のケアを大切にし、患者様に感謝の気持ちを持って接していきたいと思います。
  • 薬剤師2年目になりますが、あまり自分に余裕がなくて、監査をしてただ薬を出すだけでした。本日の講演を聴いて、患者さんの立場になって応対することが大切だと分かりました。
  • テキストを読むような読ませるような講演ではなかったからこそ、あっという間の時間に感じました。サービスについて考えたり実行していく上で、実際に仕事を知っていらっしゃる先生に講演していただくのは貴重で良かったです。
  • SOAPを漠然とした自己理解のまま記入していたので、ポイントを学べ、ヤル気が出ました。患者様の立場に立った、かつ、スムーズな業務のために必要な情報収集の仕方、想像力の働かせ方、薬剤師としての知識目標が出来ました。今後、職員間での情報のやり取りがふえていくだろうと、楽しみでもあり、挑戦です。
  • 患者様主体の、未来へつなげるための「情報源」という薬局の道具として、今後薬歴を記入していきたいと思います。
  • 調剤薬局の窓口における服薬指導において、患者様中心に限られた時間内でどれだけ効率的に情報を聞き出し、それを記録し、次回につなげていくか、全体的なことがよく分かった。
  • 「患者様中心の薬歴」を目指して、少しずつでも今までの薬歴と違うものが書ければと思います。そして、個人の薬歴記入ではなく、薬局全員のチームプレイであるということを常に心においておきます。
  • 「薬剤師としての持てる力をフル活用」に感銘を受けました。患者様の背景・習慣・環境などを読み取り、薬学的視点から投薬指導・薬歴にフィードバックさせていくという事は、患者様にとっても意義深い時間が持てるという事につながると思うので、実践で身に付け磨いていきたいと思います。

医療機関・ヒューマンエラー研修 参加者の声

  • 「人は間違いをおこすものである」という言葉に新鮮な思いを感じた。いつもミスをしてしまっている人に対して,能力不足としてそこだけ責めていることもあった。「誰でも間違うことがある」という考え方に立ち,他の方法を考えなければいけないなぁと,考えを変えていこうと思う。
  • 「叱るポイント」があることに新しい気づきがあった。ただ,頭ごなしに注意するのではなく,相手自身が自らの過ちに気づくように声をかけることが大事なんだと気がついた。
  • 上長のカラーが職場のカラーになることがある。人を変えるのは難しいので,まず自分から,自分が変ってみる。まずは身近なところから。
  • 報告が上がってくるような対応の仕方,声のかけ方に注意する。病棟内の雰囲気づくりを心がける。
  • コミュニケーションが取れていれば,防げたインシデントが日常業務の中で多々起こっているのが現状で,コミュニケーションの基礎を改めて振り返る機会になった。ありがとうございました。
  • 自施設のヒヤリハットについては言いにくいと感じた。分かりやすい研修で,今からでも実行していけると感じた。
  • 非常に有意義な講演であった。今後すぐにやってみようと思った内容が多くあった。ありがとうございました。
  • 人を育てて医療安全につなげるという言葉に納得する部分があった。
  • 具体的な例を出しての話だったのですごくわかりやすかった。