「DRUG Magazine」1月号に記事が掲載されました!

2014年1月8日

スマイル・ガーデン代表 村尾孝子の記事が紹介されました。
村尾が提供する講演のエッセンスがまとめられています。
「調剤薬局にもとめられる『おもてなし』の心」
「医療現場における『接遇』は、医療安全とも密接不可分な関係にある」

「医療事故影響の最小化にも寄与する『接遇』の大切さ。それは、接遇が患者さんの命に影響を及ぼす可能性があるという点です。患者さんは具合が悪くて薬局を訪れます。痛みや悩みを抱えて来局するのです。その点で患者さんは弱者です。仮に言いたいことがあっても、今後の治療に差し障りが出ることを考えて、遠慮して言わないことがあるのが患者さんなのです。そのような思いを汲み取り、患者さんの求めを察した行動が医療接遇なのです…。(PDFで続きがご覧頂けます。)」

PDFファイルが開きます(DGマガジンリンク先4436kb)。


新着情報にもどる